FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aqua Timez「二重螺旋のまさゆめ」 

二重螺旋のまさゆめ(初回生産限定盤)(DVD付)
Aqua Timez
ERJ (2018-04-25)
売り上げランキング: 553


☆収録曲☆
B01. たかが100年の:★★★★
A02. over and over:★★★★☆
B03. えにし feat. GOMESS:★★★★
B04. 遊びつかれて:★★★
B05. 未来少女:★★★★
B06. 日曜讃歌:★★★★
B07. ミックス茶:★★★☆
B08. 陽炎 -interlude-:★★★
B09. +1:★★★☆
B10. 愛へ:★★★☆
B11. タイムマシン:★★★★
B12. last dance:★★★★

発売日:2018年4月25日
レーベル:エピックレコードジャパン

Aqua Timez、8thアルバム。前作のアルバムから1年4ヶ月振りのリリースで今回は間にCDシングル、配信等の先行リリースが無かった為全曲完全な新曲で構成されてます。

まずトップバッターを飾るM1「たかが100年の」は発売前にPS4ゲーム『グランクレスト戦記』の主題歌タイアップが付いた今作においては後述のM5の次に目立つポジションにあたるアッパーなロックナンバーでアルバムオープニングに相応しい良曲となっております。

M2「over and over」は前曲の流れを汲んだこれまたアッパーかつメロディーのしっかりしたロックな仕上がりで5thアルバム収録曲「because you are you」を思わせますね。そこそこの良曲が揃った今作の中では勢いとメロディーの良さが一際目立つ私的ベストトラックです。

M3「えにし feat. GOMESS」はGOMESSというラッパーをゲストに迎えヒップホップの要素とお洒落なバンドサウンドが絶妙なバランスでクールにラップしサビではしっかりメロディーを聴かせる構成が良い感じですね。

M4「遊び疲れて」は歌は入ってますが1分ちょっとの小曲で打ち込みとギターのシンプルなアレンジにラジオっぽいノイズを被せた仕上がりのインタールード的な立ち位置の曲になってます。

M5「未来少女」は今作のリードトラックでMVが作られた曲で聴かせるメロディーと背中を押してくれる歌詞、そして太志の温かなボーカル…とAquaの良いところを発揮した良曲となってます。ただこれまでの曲と比べるとあともう一歩といった印象も。

M6「日曜讃歌」はディスコ調のリズムとポップで温かな雰囲気の仕上がり。日曜について歌った歌詞もなかなか良い感じ。

M7「ミックス茶」はお茶の事を歌った歌…ではなくジャンルの音楽ミクスチャーをタイトルにもじったゴリゴリのミクスチャーロックでカッコ良い仕上がりになってます。間奏で会話のやり取りを取り入れた遊び心も良いアクセントですね。

M8「陽炎 -interlude-」はサブタイトル通りのインタールードで1分ちょっとのインスト。神秘的な雰囲気を感じます。

M9「+1」はディスコ調の雰囲気でM6がポップ系に対してこちらはファンキーなダンス調といった仕上がり。間奏で他メンバー(多分ドラムのTASSHIかな?)によるふざけ気味に歌うコーラスも聴きどころです(笑)。ちなみにファンクラブ限定盤にはTASSHIによるこの曲のダンス動画が入ってるそうです。

M10「愛へ」はソカっぽいリズムを取り入れたライブ向けのノリの良いロックといった仕上がりですね。それでいてメロディーがしっかりしてるのはこのバンドらしいなと思います。

M11「タイムマシン」は確かなメロディーと温かな歌詞と歌で聴かせるミディアムバラードな仕上がり。夕陽などが似合いそうな感じがしますね。

最後のM12「last dance」は冒頭2曲を思わせるロックながらもメロディーに何処か切なさを感じるのが聴きどころな仕上がりで余韻を残しつつラストを飾る良曲となってます。

全体通して確かなメロディー、安定したバンドサウンド、そして適度な多彩さを持たせた良作…ですが今回シングル無しの完全な新曲だからなのか良くも悪くも"アルバムの良曲"が均等に揃ったといった感じでシングル曲のような強い存在感を持った曲に欠けてるのがちょっと残念な気もしましたね。
仮に初めてもしくは彼らに対してフラットな関心で今作を聴いてればまた違ったのかもしれませんがこれまでの作品を聴き、満足度の高い名曲や名盤に出会って贔屓してる以上は贅沢な願いを承知ながらも大きな当たりを求めてるのも事実なので今回そこに及ばなかった以上は今後に期待というのが今作の印象になりますね。とりあえず何かしらのきっかけでAqua Timezを聴いてみようと思う人は入口になりうる要素が皆無な今作をいきなり聴くのではなくベストや他のオリジナルアルバムを数作聴いてからここに来るのをオススメします。

印象度:★★★★☆

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://skybeansmelody.blog.fc2.com/tb.php/52-816f0ef1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。