綾野ましろ「early days」 

early days
early days
posted with amazlet at 16.10.06
綾野 ましろ
アリオラジャパン (2016-01-13)
売り上げランキング: 16,554

☆収録曲☆
B01. white feel -overture-:★★★
B02. Wingless Diver:★★★★
B03. 刹那クロニクル:★★★★
B04. re:rain:★★★☆
A05. 春想の街:★★★★☆
B06. RAY OF LIGHT:★★★★
B07. ideal white (from 1st one man live “lycoris”):★★★☆
B08. 燐光 (from 1st one man live “lycoris”):★★★
B09. vanilla sky (from 1st one man live “lycoris”):★★★★

発売日:2016年1月13日
レーベル:アリオラジャパン

綾野ましろ、コンセプトアルバム。北海道洞爺湖出身の女性アニソンシンガーで今作はデビュー前に音楽専門誌「リスアニ! 」の付録CDにMashiro名義でプレ・リリースされた曲とライブ音源を収録した企画アルバムとなっております。

まずM4のサビメロを利用した前奏インストにあたるM1「white feel -overture-」を経て実質トップバッターを飾るM2「Wingless Diver」は前述したリスアニの付録CD収録の曲で透明感のある歌声と綺麗なメロディラインが耳に残る良曲となってます。avexを思わせる煌びやかな打ち込み音目立つアレンジも良いですね。

M3「刹那クロニクル」も同じくリスアニ付録CDでこちらはバンドサウンドを導入しておりロック寄りな質感。曲の空気もややシリアスな感じがしますね。

M4「re:rain」はM3と同系統のシリアスな曲でこれも充分良いけど続けて聴いてるとやや地味な印象は否めないかも。

M5「春想の街」は本作のリード曲で彼女出身の北海道の空気が浮かぶようなミディアムナンバー。個人的に何気なく有線でこの曲を耳にしたのが彼女を知るきっかけでした。メロディアスなサビはもちろん、曲全体としても耳に残る名曲で今作のベストトラックです。

M6「RAY OF LIGHT」は今作の中では明るくポップ寄りなロックナンバー、サビメロはライブで盛り上がりそうですね。

M7~M9は既存曲のライブ音源。M7、M9のシングル曲は後の1stアルバムの記事の機会に紹介予定、M8のカップリングは原曲を聴いた事がないので感想は割愛しますが生歌でもしっかり歌えてるのは好印象ですね。

北海道出身、アニソンシンガー、ソニー所属、リスアニ付録CDでのプレビューなどが先にデビューした藍井エイルと重なる部分があり、容姿や曲の雰囲気も似てる所はありますが印象が固まればそれなりに違いが見えてなかなか良いアーティストだと思います。現在(2016年10月時点)はシングル曲や今作のM3、M5も収録した1stアルバム『WHITE PLACE』が発売されており初めて聴く方はそちらの方がオススメですが今作も初期楽曲+ライブ音源を合わせた企画色の強い作品ではあるものの作風に大きな違いは無く、収録時間もコンパクトなので聴きやすく、関心があればしっかり良さが見えるかと思います。個人的にもまだまだこれからといった感じではありますが彼女のアーティストとしての魅力と今後への期待を抱くには充分な良作となりました。

印象度:★★★★☆

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://skybeansmelody.blog.fc2.com/tb.php/41-02d2b218