綾野ましろ「WHITE PLACE」 

WHITE PLACE(初回生産限定盤B)(DVD付)
綾野 ましろ
アリオラジャパン (2016-10-05)
売り上げランキング: 3,284

☆収録曲☆
B01. white arise ~overture~:★★★
B02. ideal white:★★★★
A03. スパイラルガーデン:★★★★☆
A04. Lotus Pain:★★★★☆
A05. 刹那クロニクル ~album version~:★★★★☆
B06. shinkiro:★★★☆
B07. misty way:★★★★
B08. labradorite:★★★★
A09. vanilla sky:★★★★☆
B10. Delusion:★★★★
A11. focus light:★★★★☆
B12. 憧憬:★★★★
B13. infinity beyond:★★★★
A14. 春想の街:★★★★☆
B15. Believe:★★★★

発売日:2016年10月5日
レーベル:アリオラジャパン

綾野ましろ、1stアルバム。デビュー前の曲やライブ音源を収録したコンセプトアルバムは出てましたが純粋なオリジナルアルバムはこれが初でこれまで発売された4曲のシングル、配信でリリースされた2曲、そして前述のコンセプトアルバムから2曲(1曲はアルバムバージョン)の既存曲を含めた15曲が収録されてます。

まず冒頭インストであるM1「white arise ~overture~」からの実施トップバッターを飾るM2「ideal white」は記念すべきデビュー曲。バンドサウンドを基調としたシリアスなアニソンロックで彼女の基本的な方向性が提示された良曲となってます。

M3「スパイラルガーデン」はアニソンっぽさはそのままに爽快感・開放的な雰囲気を感じるロックナンバー。今作のアルバム新曲の中では一番好きな曲ですね。

M4「Lotus Pain」は4枚目のシングル曲でミディアムな曲調に凛とした歌声がマッチした仕上がりが好印象です。

M5「刹那クロニクル ~album version~」はリスアニ付録CDが初出でコンセプトアルバム『early days』にも収録された曲。今作収録のアルバムバージョンは基本的な部分は原曲と変わりませんが歌と演奏を再レコーディングしておりプレデビューから2年を経た歌の成長と輪郭がハッキリしたバンドサウンドで原曲よりもパワーアップしてます。

M6「shinkiro」はAメロとBメロはミディアムテンポでしっとりと聴かせつつサビでは音数が増えて派手に盛り上がるavexっぽい打ち込み系ナンバー。良い曲だけどミディアムで聴かせる曲にして欲しかったかも。

M7「misty way」は3連リズムを取り入れたミディアムロックでじっくり聴かせつつも確かな力強さを感じる良曲となってます。これも個人的に今作のアルバム新曲では印象強いかも。

M8「labradorite」は今作の中ではキャッチーで明るいポップロックナンバー。アニメタイアップの兼ね合いからシリアスさを求められがちなシングル曲とは良い意味で違う一面が見れるのではないでしょうか。

M9「vanilla sky」は2枚目のシングル曲でバンドサウンドとストリングス、そしてtoku(GARNiDELiA)のアレンジによる打ち込みサウンドを盛り込んだ王道のアニソンロック。シングル曲の中では今のところ一番好きな曲になりますね。サビの爽快感がたまらないです。

M10「Delusion」は綺麗なメロディをミドルテンポロックに乗せ伸びやかな歌声を聴かせる良曲。アレンジもストリングスっぽいラインやキーボードのサウンド、そしてギターが耳に残りますね。

M11「focus light」は2015年末に配信限定でリリースされた楽曲。この曲もメロディと歌声を重視した仕上がりでこちらはavexを思わせる打ち込みサウンドに壮大さを加えた仕上がり。個人的に彼女の曲の中では上位に入りますね。

M12「憧憬」は序盤の曲達に通じるシリアスなアニソン系ロックナンバー。あまり大きな特徴はないけどシングル曲もしくはアニメタイアップが付けばそれなりに目立つ立ち位置にあたる曲になりそうな気がします。

M13「infinity beyond」は3枚目のシングル曲。バンドサウンドとシンセの音が特徴的なロックというとM9と被りがちですがこちらはバンドサウンドを押し出していてしっかり差別化されてます。力強い歌声もまた曲に呼応してて良いですね。

M14「春想の街」は前コンセプトアルバムでリード曲だった楽曲。彼女の出身地である北海道の情景が浮かんでくる…ような気がするメロディアスなミディアムナンバーで改めて聴いても良いなと思います。

ボーナストラックのM15「Believe」は今年(2016年)に配信でリリースされた玉置成実のヒット曲のカバー。原曲の雰囲気を尊重しつつも生のバンドアレンジと彼女の歌声で原曲とはまた違った良さに仕上がったカバーだと思います。

前作のコンセプトアルバム『early days』では及第点な印象という結構でしたが今回の1stアルバムはこれまでの曲を通して過去を総括しつつもアルバム新曲では確かな成長を提示しており、1stアルバムとしては期待以上で総じて満足度が高く、それでいてまだまだ成長の余地があるという絶妙なラインにあたる仕上がりになったと思います。アニソンロックが好きな人はもちろん、それ以外の人にも彼女の透明感と力強さを兼ね備えた歌声は魅力的なので機会があれば是非聴いて貰いたい一枚ですね。

印象度:★★★★☆

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://skybeansmelody.blog.fc2.com/tb.php/40-7c0f6bbb