大原櫻子「V」※修正版 

V (初回限定“VIVA盛盤
大原櫻子
ビクターエンタテインメント (2016-06-29)
売り上げランキング: 507

☆収録曲☆
B01. 踊ろう:★★★★
B02. 大好き:★★★★
A03. キミを忘れないよ:★★★★☆
A04. 勇気と微笑み:★★★★☆
A05. メロディー:★★★★★
B06. 真夏の太陽:★★★★
B07. こころ:★★★
S08. サイン:★★★★★
B09. トレモロレイン:★★★★
A10. Dear My Dream:★★★★☆
B11. 君になりたい:★★★☆
B12. September:★★★★
B13. Scope:★★★☆

発売日:2016年6月29日
レーベル:ビクターエンタテインメント

大原櫻子、2ndアルバム。タイトルの”V”は”ビバ”と読みます。前作『HAPPY』が期待以上の良作だったので聴く前は"さすがに前作の勢いには及ばないでは…"みたいな不安がありましたがいざ聴いてみたら前作の勢いを維持しつつ楽曲の幅、歌手としての表現力も広がりしっかりと期待に応えてくれた傑作となりました。尚、プロデュースは前作に引き続き亀田誠治が全面的に手掛けております。

まずトップバッターを飾るM1「踊ろうよ」は流れるようなメロディと軽やかなバンドサウンド(+キーボード)が心地よいポップな曲で前作1曲目の「Over The Rainbow」と比べるとやや見劣りするもののその分聴くほどに味のある飽きない良曲ですね。

M2「大好き」はアルバム先行の形でリリースされた5thシングルで桜井日奈子が出演したスマホゲーム『白猫プロジェクト』のCMソング。清涼感あるメロディと亀田誠治の指揮による聴き心地良いバンドサウンドで彼女の魅力である明るく溌剌な歌声が活かされたポップソングになってます。キーボードやストリングスといった装飾音がキラキラ感を醸し出してるのがより一層その魅力を引き出してます。

M3「キミを忘れないよ」は4thシングルで映画『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』の挿入歌。原作者のさくらももこが作詞を手掛けた楽曲で"10年後の8月"のフレーズが有名な某曲のような夏の終わりのノスタルジックな情景が浮かぶバラードでシングルの発売時期はタイアップの兼ね合いからか夏の時期を過ぎてしまってますが曲自体はかなりの名曲になってます。

M4「勇気と微笑み」はバンドサウンドではなくキーボードや打ち込みのリズムを前面に打ち出した王道の雰囲気に新機軸を取り入れたミドルテンポのポップソングで綺麗なメロディと伸びやかな歌唱が耳に残り、個人的にアルバム新曲の中では気に入ってる曲の一つです。

M5「メロディー」は本作発売前から『白猫プロジェクト』のCMで流れてた曲でM4に続いて打ち込みをメインにしたサウンドになっております。新しい要素を取り入れつつも彼女らしさをしっかりと活かした仕上がりは改めて亀田誠治のプロデュース力の高さを実感させられますね。1999年をテーマにした歌詞も個人的には共感できる部分があり好印象です。

M6「真夏の太陽」は3rdシングルでこれまたコロプラ『白猫プロジェクト』CMソング。こちらはバンドサウンドメインの仕上がりで発売時期(7月)に合わせた夏らしい爽やかなポップソングの良曲になってます。それにしてもM2、M5もそうだけど白猫プロジェクトのCM曲に関してはコロプラの関係者が彼女を気に入ってるのかビクターもしくは事務所がタイアップ獲得にあまり熱心ではないのか気になる所。個人的にはどの曲も携帯ゲームよりも清涼飲料水とかのCMの方が合う気がするんですよね…。

M7「こころ」はアコースティックギターと彼女の歌でシンプルかつさらっと聴かせる小曲。次の曲へ繋ぐインタールードに近い仕上がりです。

M8「サイン」は本作のリード曲で切ない歌詞とメロディーが響くロックバラード。切実さを感じる歌唱も合わせて彼女の従来のイメージである明るく溌剌な雰囲気とは異なりますが確かな名曲に仕上がっており個人的には本作におけるベストトラックです。

M9「トレモロレイン」はキーボードのサウンドが目立つカラフルなポップソング。雨をテーマにした曲ながらも憂鬱さやジメジメした雰囲気は無く、むしろ"雨の中でもルンルンな気分で行こう!"的な感じなのが彼女らしくて良いですね。

M10「Dear My Dream」はM3のc/w曲で第33回全日本大学女子駅伝・日テレ女子マラソン中継のタイアップ曲。バンドサウンドのイメージが強い亀田誠治ですがこの曲はEDMサウンドを取り入れた意外かつ異色な仕上がり。ただ曲自体はポップでキャッチーな応援歌になっており彼女の本来の持ち味をしっかり残した上で新境地を切り開いた一曲になってます。

M11「君になりたい」はバンドサウンドにピアノとストリングスが絡むオーソドックスなバラード。やや地味な印象は否めないものの確かなメロディーとしっかりとした歌声で聴かせる良曲です。

M12「September」はやや歌謡的なマイナーなメロディーが耳に残る楽曲。曲名が示すように夏の終わりを歌った曲で晩夏~秋に聴けばしみじみ来るものがありそうな気がしますね。

ラストのM13「Scope」はこれもバラード系でバンドサウンドメインのM8、バンドサウンド+ストリングスのM11に対してこの曲は打ち込みの要素を若干取り入れた仕上がりになっておりキーボードメインで歌含めて静かに聴かせるA~Bメロからサビでギターなど他の音が入り、歌声も力強さが増して盛り上がる展開はまさに大団円といった感じになってて良いと思います。ちなみにこの曲を作曲した小名川高弘は過去に亀田誠治がプロデュースを手掛けていたCHARCOAL FILTERというバンドのメンバーで解散後は亀田誠治の事務所『誠屋』に所属し作家活動を行っておりその縁からか次回作の3rdアルバムでは本作後に発売された6thシングル表題曲を最後にプロデュースを離れる亀田氏の役割を引き継ぐ形で楽曲制作に深く関わってます。

前作『HAPPY』では前半にインパクトの強い曲が集中しその反動から後半がやや弱い印象がありましたが今作では前作を踏襲しつつも打ち込みなど新しい要素を上手く取り入れ多彩になった事でアルバムバランスの向上と同時に楽曲の幅が広がり、それに合わせて彼女自身の歌手としての表現力にも成長が感じられた事により一曲一曲の勢いや強さはともかくアルバム全体としては前作よりも完成度の高い一枚なりました。ビーイング系や90年代のガールポップ系が好きな方には特にオススメです。前作と併せて是非。

印象度:★★★★★

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://skybeansmelody.blog.fc2.com/tb.php/36-9e4409c9